1万円のイヤホン「SHURE SE215」買ったら音楽人生が変わった

SHURE SE215SPE-A

ちょっと高めの「SHURE SE215 Special Edition」という高級イヤホンを買いました。(お値段12,000円)

いや、高級(笑)なんですけどね。聞いてくださいよ。

本当に満足できてコスパの良いイヤホンだった!!!!!

うさん臭いとか思わないでください。

スポンサードリンク

今までは2000円のイヤホンを使い潰してました

イヤホン

今までは2000円ちょっとのイヤホン「SHE9700」を5年ぐらいずーっと使っていました。

このSHE9700は「マツコの知らない世界」という番組でもコスパ最強のイヤホンと紹介され、放送後はなんとAmazonで2~3週間も売り切れ状態になっていたのです。

私も昔から愛用していて、五ヶ月ぐらいで壊れる→買い替える、の繰り返しで数年間使わせていただいてました。いやー、本当お世話になりました。

SHE9700は販売を中止しているため、今は後継モデルである「SHE9710」が売れている様です。

で、なんで1万円のイヤホン買ったのかというと

SHURE SE215SPE-A

なんか気づいてたら音質厨になっていました(謎)。深い意味はないです。お金に余裕が生まれれば、もっと高いイヤホンを買っちゃうかもしれません。

そんな意味不明なわたしが買ったイヤホンは、先ほども紹介した「SHURE SE215」です。SE215(えすいー、にーいちごー)と読みます。

結果:大満足

SE215に大満足した3つの理由

1.シュア掛けで全くズレない、落ちない装着感

SHURE SE215SPE-A (3)

上のイメージ画像のように、耳の後ろに引っ掛けてイヤホンを装着します。※ちなみにこのキレイなお姉さんは管理人です。

『SHURE掛け(シュアがけ)』とは、イヤホンの装着方法のことで、イヤホンのコードを耳の後ろに回して掛けるという方法。

もともとはSHUREというイヤホンメーカーのイヤホンから始まった装着方法なので、このように呼ばれています。

あのフィギュアスケート選手で有名な「羽生結弦」さんも、イヤホンをシュア掛けで装着しています。

すげぇ!!!!全くズレない!!!!!

通学・通勤中にイヤホンをつけながら移動している方もたくさんいますよね。本当におすすめできます。

安いイヤホンだとズレてきたりSHURE掛けが難しかったりしますが、こちらのイヤホンは「シュア掛けの由来」ということもあってピッタリとシュア掛けができちゃいます。

そしてコードが引っかかってイヤホンが外れてしまう、というイライラもかなり減ってくれました。

2.タッチノイズがまったく無くて快適

遮音性

イヤホンのコードが服に当たって「ビンッ…。ビンッ…。」……。うざいですよね。私も歩いているときのタッチノイズがとても気に障っていました。

しかしこのSE215に変えてからは「アラ不思議」。コードによるタッチノイズがほとんど無いのです。

何故かと言うと、通常のイヤホンよりも若干太めのコードを採用しているんですね。

SHURE SE215SPE-A (5)

もちろん太すぎず、そして細すぎずという絶妙なさじ加減なので、ぜんぜん違和感がありません。

そして「シュア掛け」によってコードの振動が耳に流れていき、かなりノイズが軽減されます。タッチノイズにお悩みの人には本当に試してもらいたいイヤホンです。

3.遮音性で風を感じない…!音楽にたっぷり浸れる

風

イヤホンの密封装着から生まれる「遮音性」はピカイチです。ほんっとうに周りの音が聞こえません。

電車で聞こえるJKババァ達の笑い声もすべてシャットアウト!!。ロリコンの僕にとってはただの騒音です。

そしてなんと言っても、「風」が聞こえなくなったという点が大きいです。今までのイヤホンは隙間からビュービューと風が吹き込んでいましたが、このSE215はまったく風を入れません。本当に超快適です。風が強い日でもゆったりと音楽を聞けるようになり、感激のあまり涙が出そうです。

もちろん耳の穴にピッタリと装着されるので、音漏れを気にせずにボリュームをがんがん上げれます。音漏れしないイヤホンとしても十分におすすめできます。

まだ寿命の短い、安いイヤホンで消耗しているんですか?

SHURE SE215SPE-A (6)

SE215の耐久性を調べてみると、「2~3年はほぼ間違いなく壊れない」といったレビューが多く見られました。

そこで3年間のコストを計算してみます。

  • SHE9710」16,920円(5ヶ月周期で買い替え)
  • SHURE SE215」12,452円(3年耐久)

圧倒的にSE215が勝利していますね。

そしてコストに加え、さらに使い心地と音質も大きく勝っているわけですから、まさに「コストパフォーマンス」が最高のイヤホンというわけです。

断線しにくい作りをしているので、よほど豪快なイヤホンの使い方をしない限り、3年よりもさらに持ってくれると思います。

やっぱりイヤホンは一万円がおすすめで「丁度良い」

SHURE SE215SPE-A (4)

デザインもお洒落で、将来的なコストパフォーマンスは最上級のイヤホンです。ストレスから解放されます。タッチノイズが無く、遮音性もずば抜けて高いので「素晴らしい」の一言です。

もちろん音質もかなりキレイで、低音の鈍くドッシリとしたベースの音がチョー気持ち良い!。今まで聞こえなかったボーカルの息継ぎ音(ブレス)や歌声の響きも鮮明に聞こえてきます。

上位モデルの「SE535LTD-J」や「SE846CL-A」にもいずれは手を出してしまいそうで怖いですね…。オーディオオタクへの道は泥沼です。

SHURE製品、最高です。

フォローする

スポンサードリンク

『1万円のイヤホン「SHURE SE215」買ったら音楽人生が変わった』へのコメント

  1. 名前:ななしん 投稿日:2015/05/31(日) 02:30:55 ID:5ed30a25a

    拝見させていただきました。
    私もSE215使ってます。パフォーマンスには非常に満足しているのですが、ケーブルが外しにくいのが難点ですね…(これには個体差があるようです)
    自分はリケーブルの際にかなり無理して引っこ抜いたせいで逆にガバガバになってしまいました。
    「オーディオ知識は耳垢である」と友人のオーオタが言ってました。くれぐれもお気をつけて…