『ものべの -happy end-』のレビューをネタバレ無しで

ものべの

今回は隠れた名作、『ものべの』を紹介していきます。

『ものべの -monobeno-』と『ものべの -happy end-』の二つが存在しますが、前者が[本編]のみ、後者は[本編 + 後日談]になっています。

スポンサードリンク

ストーリー

「ここがものべの!? なーんにも無いねぇ」

茂伸村へと六年ぶりに帰省した主人公、沢井透と、ふるさとのことをすっかり忘れてしまったらしい妹、夏葉。

そして少しも変わらぬ、懐かしい茂伸の暮らしを重ねるうちに、やがて村に伝わる“ひめみや流”の夏祭りの夜が訪れる。

その祭りの最中、夏葉は突然倒れてしまう。

「おにいちゃん……夏葉……体がヘンだよう」

一晩にして十センチ以上伸びた身長、体型の変化、下腹部からの初めての出血。

夏葉の体を襲ったものは、まぎれも無い異常成長だった。

(このまま、異常成長が続いてしまえば……夏葉の命は!)

果たして原因は病か祟りか――

焦燥の中、透は夏葉を救うための手掛かりを探し始める。

この3つの魅力が人気の理由

犯罪的なまでにかわいいキャラクター達

CGも美しく、キャラクターはとてもかわいいです。

ストーリーでも紹介しましたが、”ナゾの異常成長”をテーマとしているので、ロリ化、お姉さん化などなんでもアリです。

かわいいあの子が突然幼女になったり、キレイな十代半ば頃まで成長したり…、まさに一石二鳥。笑

ここだけの話、いわゆる”抜きゲー”としても確立している作品なのがこの『ものべの』です。

そういったアレなシーンもかなり多いですが、シナリオがしっかりとしているため、良いバランスを保てていると思います。

妖怪を取り入れた独特な世界観

この作品の舞台である”ものべの村”には妖怪が登場しています。

しかし、妖怪といったら気持ち悪いものを想像されがちですが、そんなことはありません。

上の画像のような豊満な牛の妖怪だったり、フレンドリーな傘の妖怪がいたりします。

決して雰囲気が濁るような妖怪が出てくることはなく、一般的な作品とは一味違った世界観を楽しめることができます。

ここはやはり『ものべの』特有の素晴らしいポイントだと思っています。

きちんと完成されたストーリー

このゲームにはヒロイン3人分のクリアルートがあり、それぞれのストーリーもしっかりと作りこまれています。

最近の作品は、曖昧な設定だったりいい加減なストーリーの作り込みが多かったりするものですが、このものべのは丁寧にストーリーが作られています

浅い起承転結をいくつも繰り返し、時折挟む○○シーン…。満足度はかなり高く感じられるはずです。

また、BADエンドは無く、各ヒロインと幸せに終わるHAPPYエンドのみが存在しています。

「こんな可愛い娘たちが傷つくのは見たくない!」という本音。

まとめ

ゆったりとした田舎の町での生活をメインに、ヒロイン達に起こる謎の”成長”を解き明かしていく作品です。

非常に丁寧なストーリーだったり、可愛いキャラクターが縮んだり成長したり、そして妖怪を取り入れたひと味違った世界観だったり…。

R18ゲーを多少かじった人でしか知っていない作品ではありますが、もっと評価されてもよいストーリーと設定を兼ね備えています。

ありふれたゲームの中に埋もれている数少ない”隠れた名作”でした。

少し違った作風を楽しみたい」と思っている人にぜひおすすめしたい内容です。

フォローする

スポンサードリンク